今年も冬ビール『サッポロビール冬物語』がやってきましたよ。

こんにちは、はちとです。今日は、アマゾンプライム会員の特典で晴れた日にビールを飲みながら聴くレゲエ』というアマゾンプライムのプレイリスト(Amazonが選定した、タイトルに合ったアーティストを集めたもの)を聞きながら、冬ビールの王道『サッポロビール冬物語』で乾杯をしていますよ。

私はレゲエが昔から大好きで、いつも頑張り過ぎてしまう自分にレゲエミュージックは、『おい、ちょっとまっってよ。頑張るのも良いけどさ、人生楽しんでいるのかい?俺は人生をレゲエ音楽を楽しんでいるぜ!!』と語りかけてくれている気がしてしまうのです。

ゆったりとしたレゲエミュージックと冬物語のコンビネーションは私にとって笑顔と幸せを与えてくれます。(*´ω`*)

皆さんもご自分にとってのベストなビール環境を作ってくださいね。

基本情報

  • 原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
  • アルコール分:6%
  • 内容量:350ml
  • サッポロビール株式会社

100mlあたり栄養成分

  • エネルギー:50kcal
  • たんばく質:0.5g
  • 脂質:0g
  • 糖質:3.7g
  • 食物繊維:0~0.2g
  • ナトリウム:0mg

季節限定ビールとして30年目を迎える『冬物語』は、季節限定商品のパイオニアだという情報をtaka:aさん(本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログで有名なブロガー)より教えて頂きました。ちなみにキリンビールの秋味は27年目です。

パッケージデザインも見てみよう!

私のビールの楽しみ方は、パッケージに始まりパッケージに終わります。そのくらいパッケージデザインにどうしても惹かれてしまいます。それでは、冬物語のパッケージデザインを見てみましょう。

皆さんはどのデザインが好きでしたか?ちなみに私の大好きなパッケージデザインTOP3はこちらです。

  1. 2005年
  2. 2001年
  3. 2006年

パッケージデザインってビールの印象、インパクトをファンに与えてくれますよね。そして、新しい気づきというスパイスもさらっと入れてくれます。

はちとのテイスティング

アルコール分が6%と日本の一般的なビールよりも高めで、飲みごたえがあります。苦味と深み、そしてビールグラスから香る香りも見逃せません。香りは決して強くはありませんが、ビール本来の柔らかい風味を鼻から喉の奥に向って感じることができます。そして、苦味と深み。しっかりとしたビール本来の美味しさを味わうことが出来ます。お鍋にも合いますよ。

冬だけでなく、オールシーズン飲みたい1本です。でも、『冬限定』だからこそブランド力、希少価値が有るのかもしれませんね。夏に冬物語というブランドを飲もうとする人は少ないかもしれませんからね。

サッポロビールは、ヱビスビールと黒ラベルがメジャーブランドですが、この『冬物語』も全く引けをとらないくらいに美味しいんですよ。ビールは味や香り、のどごしなど好き嫌いの個人差がありますが、ぜひ試してみて頂きたい1本です。

私と冬物語との出会い

私は、友人とスキー(ショートスキー:ストックのない短い板)とスノーボードをやりますが、ゲレンデで良く乾杯をしましたね。スキーやスノーボードを思いっきり楽しむと、とても暑くなるんです。その火照った体を癒やしてくれたのが、『冬物語』でした。そして、広瀬香美さんの『ロマンスの神様』、『ゲレンデがとけるほど恋したい』をゲレンデで聞きながら、仲間と乾杯していました。最近はスキー、スノーボード行けてないな。当時の仲間にも家族ができて子供が生まれていますが、そのうちまた家族一緒にスキー、スノーボードに行けるかなぁと考えています。一先ず今年は、屋内ゲレンデに娘を連れて行こうかなぁ。

思い出って良いですよね。そして、これからもきっと楽しい思い出を作っていけますよね。(*´ω`*)

まとめ

冬には冬の物語がある。冬にはあなたの物語がある。そして今年もきっと楽しい物語を作っていける。あなたの冬の1ページにサッポロビールの季節限定ビール『冬物語』はいかがですか?私は一足先に今年の冬物語(冬の思い出)を作り始めましたよ!

最後までBEER LIFESを読んでくれてありがとう!楽しんで頂けましたか?暇つぶしになりましたか?もしそうであれば本当に嬉しいです。私はお酒が大好きで、お酒に育てられました。(比喩ですよもちろん)これからも大好きなビールの情報(商品、楽しむ工夫、思いなど)をどんどん発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、またいつでも本当にお気軽に遊びに来てくださいね。疲れた時は、ビールを飲んでリラックス(๑´ڡ`๑)

いつも頑張っている自分へ乾杯☆★☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です